本文へジャンプ

学会からのお知らせ

  • HOME
  • 学会からのお知らせ
  • 本学会の「学術プログラム」と「接着歯学の啓蒙活動」に関する会員アンケートへのご回答願い

本学会の「学術プログラム」と「接着歯学の啓蒙活動」に関する会員アンケートへのご回答願い

一般社団法人 日本接着歯学会
会員 各位

                               

謹啓 孟冬の候 会員の皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は、本学会の会務運営に格別のご高配を賜り、深く感謝いたしております。

さて、患者国民への良質な接着歯科医療の提供に際し、本学会員が担う役割は、社会的責任の観点からも、重要なものとなっております。特に会員の皆様が、本学会主催の学術大会・シンポジウム・セミナー等におけるプログラムから得る最新情報や時勢が求める医療人としての対応は、臨床家・研究者・教員として是非身に付けておくべきものといえます。また、これら学術プログラムは、会員各位の希望・願い・ニーズに沿ったものであることが望まれます。

加えて、接着歯学を啓蒙し、日々の臨床に進展させることは、信頼性に長けた低侵襲性の歯科医療を成就させる一助となり、患者国民への責務ともいえます。

そこで、本学会では全会員を対象に、「学術プログラム」と「接着歯学の啓蒙活動」に関するアンケートを実施させていただき、得られた回答を集積分析することによって、患者国民・会員双方にとって有益な方略を立案し、学会が一丸となって具現化に向け歩みたいと思います。

つきましては、下記リンク先よりアンケートにご回答くださいますよう衷心よりお願い申し上げます。

末筆ながら、各位の一層のご活躍とご多幸を心からお祈りいたします。

敬白

一般社団法人 日本接着歯学会
理事長 宮崎真至
副理事長 日野浦 光
奈良陽一郎

学術プログラム・接着歯学の啓蒙活動に関する会員アンケート
※回答期限:2020年3月31日(火)23:59まで

  • 新規代議員立候補受付について
  • 学術プログラム・接着歯学の啓蒙活動に関するアンケート
  • 保険収載された象牙質レジンコーティング法の診療指針
  • 学術大会

ページの先頭へ戻る